しんそうⓇ一宮新生「からだの変形(ゆがみ)」を正します。 0586-46-6519

私のしんそう経験談

私としん相の出会いは10年くらい前になります。それまでは病気、怪我ひとつないいたって健康な人間でした。

 ところが、ある日ゴルフカートから飛び降りたときに左半身にものすごい電気が走り、その後歩けなくなってしまいました。「腰椎椎間板ヘルニア」、そこから私の治療行脚 が始まりました。整形外科を皮切りにハリ、整体、カイロブラクティクス、祈祷師さん、スポーツ医科学研究所等の専門機関、説明のできないような療法にも祈るような気持ちで出かけました。東は栃木、西は大阪、行った病院、治療院は20ヶ所を越えます。

 そんなときに母親の知り合いでしんそう方をやっておられる先生に出会い、治療していただきました。その帰り道に気づいたのですが、今までどこに行っても治らなかったしびれがよくなっているようでした。痛みも何回か通っているうちによくなっていきました。治療して下さった先生への感謝の気持ちと嬉しさ、同時にしんそう方に驚きました。

 何故こんなことで治るのだろう・…。私はしんそう方に興味をおぼえました。

 そこから、しんそうを勉強するようになりました.
 
 しかし、私の場合、これだげでは終わりませんでした。ある雪の日に激しく転倒してしまいました。これは「やばい」と思い、すぐに病院にMRIをとりに行くと、「頚椎椎問板ヘルニア」の診断、ただ神経を圧迫しているわけでもなく、自分は大丈夫だろうと高をくくっていたら、1年後には救急車のお世話にならなければ病院へ行けないくらいに症状が進行し、手のシビレ、ふるえ、めまい、頭痛、嘔吐、不眠、指のマヒまで起こるようになり、日常生活に支障を及ぼすまでに悪化しました。

 不安いっぱいでした。
 
 そんな酷い状況だったのが信じられないくらいです。今ではとてもよくなり、どうやら椎間板がへこんできているようなのです。最初の診断で医師に「腰椎の椎間板がへこんだ症例はあるけど、頚椎の椎問板はへこんだ症例はない」と言われたにもかかわらずです。

 こんな経験をしている私ですから、しんそうを自信を持って皆様にお勧めすることができます。

  しんそうで、いつまでも動ける健康な身体を手に入れてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional